印刷後、クリアニス加工を施すことで、より特別な印刷物に仕上がります。
クリアニス印刷は『フルカラー印刷+両面マットPP加工+クリアニス加工』がセットになった印刷です。

※この商品は、土・日・祝日の営業日カウントが含まれません。

クリアニス加工とは?

クリアニス加工とは、通常のフルカラー印刷を行なった後に、印刷面にニス(樹脂)を乗せUV照射で硬化させる加工です。
加工された箇所に厚みと光沢が出ることで、より印象的な印刷物になります。

クリアニス加工の仕様

  • ニスの厚みは35μ。
    指で触れた時にしっかりと凹凸を感じられる厚さです。

    ニスが定着しやすいよう、まず紙にマットPP加工を施してから
    クリアニス加工を行います。

    • 1.上下左右に2mmの余白

      クリアニス加工は、天地左右に2mmの余白が必要です。
      (フルカラー印刷は余白なく印刷可能です)

    • 2.線の太さ

      縁は、通常の印刷よりも太くなることがあります。
      0.5ptより細い線は再現されない可能性があります。

    • 3.文字サイズ

      文字が通常の印刷よりも太くなることがあります。
      9ptより小さい文字は潰れる可能性があります。

    • 4.背景色による見え方の違い

      背景が白い箇所と濃い色の箇所では、
      濃い色の箇所に施されたニス加工の方がはっきり視認できます。

    • ※クリアニス加工は片面のみです。
      両面にクリアニス加工を施すことはできません。

    • ※クリアニスは経年劣化によって色が変化する場合があります。

クリアニス加工のデータの作り方

  • フルカラー印刷用のレイヤーと、ニス加工用のレイヤーを分けて作成してください。

  • Illustratorのみ対応の商品です。『.ai』以外のファイルでの入稿は不備となります。

制作レイヤー_ニス(クリアニス加工の位置を指示するレイヤー)
  • ・仕上がり位置から天地左右に2mm以上余白を開けてください。

  • ・黒1色(K100%)のみを使用してください。

  • ・線や文字は、通常のフルカラー印刷よりも太くなることがあります。

  • ・9ptより小さい文字は潰れる可能性があります。

  • ・0.5ptより細い線は再現されない可能性があります。

制作レイヤー_印刷(フルカラー印刷用のレイヤー)
  • ・通常の印刷データと同じように作成してください。

サンプルデータのダウンロード

印刷サンプルを印刷する際に使用した印刷データをダウンロードしてご確認いただけます。仕様の確認やデータ作成時の参考などにご活用ください。

注文する