ポスター印刷は用途やデザインに応じて用紙を使い分けることで集客アップや印刷費の削減につながります。

コートとマットの違いについて

ポスター印刷をご注文する際に、用紙選びでお困りになった事はありませんか?ポスターの用紙は主に「コート紙」と「マット紙(マットコート紙)」の2種類です。
印刷物のデザインや用途に合わせて用紙を使い分けることでより幅広い表現が可能になります。

コート紙とマット紙は、どちらも上質紙をベースに表面にコート剤を塗布し滑らかにした紙です。
主にコート剤の量の違いにより、コート紙とマット紙に分かれます。

コート紙はコート剤が多く表面に光沢があり、印刷特性に優れ、写真などが綺麗な画質で印刷されます。
マット紙はコート剤がコート紙に比べ少なく、コート紙に比べ表面の光沢が抑えられ、落ち着いた印象の仕上がりになります。光の反射が少なくしっとりと高級感のある仕上がりになります。

  • 上質紙は、非塗工紙で表面にコーティングがされておらず、ざらざらしています。

  • マット紙は、上質紙の表面にコーティング表面を滑らかにしています。

  • コート紙は、マット紙よりコーティング剤が厚く光沢のある仕上がり。

マット紙に向いているデザイン

マット紙は、落ち着いた印象の仕上がり、深みのある色合いが特徴です。光沢を抑えたいデザインに向いています。
レトロなデザインのイラストやモノクロ写真、また木目やレンガなどをモチーフにしたデザインにも適しています。

マット紙の特徴・利点

  • ・しっとりと高級感がある仕上がり

  • ・モノクロ写真・カラーイラストに適している

  • ・深みのある色合いが特徴

  • ・光沢が抑えられ、光が当たっても反射しにくい

コート紙に向いているデザイン

コート紙は、表面に光沢があり写真をよりキレイみせたいデザインに向いています。
美容系やネイル、ブライダル、ジュエリーや自動車関係など輝きを表現したい場合はコート紙がおすすめです。

コート紙の特徴・利点

  • ・光沢があり写真の表現に向いている

  • ・ネイルやジュエリーなど光沢の表現に適している

page top