ホーム > データ作成ガイド > PDF入稿について

PDF入稿について

PDF入稿のメリット

PDF入稿なら1ファイルでOK

1. PDFファイルのみの入稿でOK
2.「データ不備」が起き辛い
3.「納期変更」が防ぎやすい!

良い事だらけのPDF入稿に、乗り換えてみましょう。

PDFデータ作成手順

1. PDFプリセットをダウンロードする(※二回目以降は不要)

PDFプリセット

2. PDFプリセットを設定する(※二回目以降は不要)

・Illustratorの場合

上部のメニューバーから「編集」→「Adobe PDFプリセット」を選択する。
「読み込み」をクリックし、ダウンロードしたPDFプリセットを読み込む。
プリセットの欄に「X1-a_2001」と新しく表示されれば完了です。


・InDesignの場合

上部のメニューバーから「ファイル」→「PDF書き出しプリセット」を選択する。
「読み込み」をクリックし、ダウンロードしたPDFプリセットを読み込む。
プリセットの欄に「X1-a_2001」と新しく表示されれば完了です。

3.入稿データを作成する

ドキュメント設定:

「ファイル」→「新規」からドキュメントを作成する。
  ドキュメントサイズを仕上がりサイズに設定する。
  裁ち落としを全て3mmに設定する。
  カラーモードをCMYKに設定する。

トンボ(裁断位置指定)作成:

パレットから長方形ツールを選択する。
アートボードと同じ位置・同じサイズに長方形を作る。
長方形を選択して、塗りと線を「なし」に設定する。
選択したまま、「オブジェクト」→「トリムマークを作成」でトンボが作成されます。

「塗り足し」(白ふち防止)の作成:

トンボや裁ち落としの赤いラインを目安にして、
周囲3mmの範囲に写真や背景をせり出させる。

リンク画像の埋め込み:

「リンク」タブにあるリンク画像をすべて選択し、
右上から「画像の埋め込み」を選択して埋め込む。

テキストのアウトライン化:

「選択」→「オブジェクト」→「すべてのテキストオブジェクト」で全てのテキストを選択する。
「書式」→「アウトラインを作成」でアウトライン化する。

「特色」の削除:

「スウォッチ」タブで、右下に白い三角形が表示されている「特色」を削除する。

4. PDFプリセットで保存する

上記の手順で作成したファイルをAIまたはEPS形式で一度保存する。
「ファイル」→「別名で保存」で、保存するフォーマットを「Adobe PDF」に設定する。
一番上の「Adobe PDF プリセット」から「PDF/X-1a:2001(日本)」を選択し、保存する。

5. PDFデータを入稿する

発注する際に、「注文ステップ3」(オプション選択画面)にて
「入稿するソフトを選択」から、PDF/X1-aを選択してください。

ご入稿の際はPDF/X1-aをご指定ください。

注意点

PDF/X-1a入稿のデータ不備について

下記項目はPDF/X-1a入稿でもデータチェック対象対象となり不備があった際は、ご修正・再入稿をお願いいたします。

  • (1)ご注文内容とデータの色数が一致しているかどうか

  • (2)ご注文内容とデータのサイズが一致しているかどうか

  • (3)塗り足しはあるか

  • (4)文字切れはしないか

  • (5)加工の指示がされているか(加工がある場合)

詳しくはデータ作成ガイドページのデータチェックについてをご確認ください。

特色について

特色を含むPDFデータはエラーが起きたり、実際の印刷で色が変わったりする場合がございます。
PDF変換する前にスウォッチの中の特色を削除してください。

PDFの『注釈』機能について

注釈機能を使用した部分は印刷に反映されません。
こちらに関しての刷り直しを希望される際は、お客様ご負担となりますので予めご了承ください。

Mac『Quartz PDF Context』にてPDFファイルを制作されるお客様へ

Mac Officeで制作したデータを『Quartz PDF Context』にてPDF変換した場合、
「フォントをすべて埋め込んでいても、一部の文字が消えてしまう」などの不具合が生じることがございます。

Quartz PDF Contextでの不具合例

Quartz PDF Contextでの不具合例

PDF の機能上、弊社でデータを開いてもどこがエラーか分からないため、完全データという扱いで印刷されます。あらかじめご了承ください。

ご不明な点につきましては、弊社カスタマーセンターまでお問い合わせください。
03-5817-8343

page top