色味について

色味について

デザインで使用した画像と、アプリケーションで作成した色の濃度が異なる場合、
画面上では同じ色味に表示されていても、実際に印刷をすると色味が異なった状態で商品が仕上がります。

画像の色味に合わせてオブジェクトを作成する場合は、注意して作成をして下さい。

弊社では色の濃度差の違いについては、データチェックの対象外項目となります。

※色の濃度差が原因による再印刷の場合、料金はお客様のご負担となりますのでご注意下さい。

スミの濃度差による仕上がり例

アプリケーションで作成したスミベタ(K=100%)やリッチブラックと
黒の画像が混在している場合、背景と画像でCMYK 数値が異なる為、
それぞれがはっきりと印刷されてしまいます。

1 2

背景と画像でCMYK 数値が近いため、なじんだ仕上がりとなります。

3 4
入稿ガイド
データ作成ガイド
アプリケーション別ガイド
テンプレート
ツール
便利ツール
計算・検索ツール
取り扱い用紙
印刷様式