Microsoft Officeのデータについて

ご入稿可能なデータ

対応可能なオフィス系ソフトは、Windows 版のワード・パワーポイント・エクセル・パブリッシャーです。

ソフト名 対応可能バージョン 保存形式
ワード 2007〜2019・Office365 doc・docx
パワーポイント 2007〜2019・Office365 ppt・pptx
エクセル 2007〜2019・Office365 xls・xlsx
パブリッシャー 2007 pub
ご注意下さい
Macintosh 版のオフィス系ソフトは対応しておりません。PDF に保存しご入稿下さい。
※PDF への変換方法に関するお問い合わせもご対応致しかねますので、あらかじめご了承下さい。

印刷用データへの変換

変換手数料・追加営業日について

オフィスデータは印刷用のデータとして扱えないため、弊社にて印刷用データへ変換作業を行います。それに伴い、データ変換・校正に対し変換手数料と追加の営業日を頂いております。あらかじめご了承下さい。

商品例変換手数料加算営業日
1枚もの(カード・フライヤー・チラシ・ポスター)片面 商品代金 + 変換手数料(1,100円) +1営業日
1枚もの(カード・フライヤー・チラシ・ポスター)両面 商品代金 + 変換手数料(2,200円) +1営業日
冊子(中綴じ冊子・無線綴じ冊子) 商品代金 + 変換手数料(1,100円×ページ数) +1営業日
2つ折パンフレット(4ページ) 商品代金 + 変換手数料(4,400円) +1営業日
3つ折パンフレット(6ページ・巻き3つ折) 商品代金 + 変換手数料(6,600円) +1営業日
4つ折パンフレット(8ページ・観音折) 商品代金 + 変換手数料(8,800円) +1営業日

データの校正について

変換をした印刷用データは、お客様へご確認(校正)していただきます。

※弊社でのデザインの変更( 文字の打ち変えや色の変更、写真の差し替え等) は致しかねます。
お客様に修正を行って頂き、データを再入稿頂く必要がございます。

データの確認とご返答は、確実にお願い致します。
  • ・オフィス系データは、弊社で変換した校正用データをマイページよりご確認頂けます。必ずご確認ください。
  • ・校正用データをご確認いただきご返答(校了)を頂いてからの作業(営業日のカウント)となりますのでご注意下さい。
  • ・校了を頂いたものに関しましては、刷り直しはお受けできません。

なぜ校正が必要なのか

色味の変化

オフィス系のソフトのカラー設定(RGB カラー)は、印刷用データに使用するカラー設定(CMYK)と異なります。
RGBのままでは印刷することができないため、色の設定はデータ変換の際、自動的にCMYKに変更されます。
CMYKの設定ではRGBの色全ての色の表現が出来ないため、RGBをCMYKに変換すると、色味が異なってしまいます。
色味の調整を変換時に行う事は致しかねますので、あらかじめご了承下さい。

詳しくは、印刷基礎知識>>RGB・CMYKに掲載しております。

画像の大きさ、配置について

画像の大きさや配置が、お客様の作成された状態とは異なってしまうという症状が稀にございます。
入稿されたデータでは配置のズレなどが判りかねますので、校正データを必ずご確認ください。

書体について

お客様がデータ作成時に使用したフォントが弊社にない場合は、自動で異なるフォントに置き換えられます。
その為、文字の形状やレイアウトが崩れイメージと違う内容が出力されてしまう可能性があります。
また、弊社対応のフォントを使用されている場合でも「旧字」・「外字」は正しく出力する事ができません。
「旧字」・「外字」は使用されないようお願い致します。
校了確認後フォントが置き換わってしまっていたなどのクレーム等はお受けできませんので予めご了承下さい。
校正データは必ずご確認後、ご返答をお願い致します。

書体について

色味について

弊社では色の濃度差の違いについては、データチェックの対象外項目となります。

※色の濃度差が原因による再印刷の場合、料金はお客様のご負担となりますのでご注意下さい。

詳しくは色見についてをご確認下さい  色見について