無線綴じ冊子印刷

無線綴じ冊子は、糸や針金を使わず、紙の束を糊で固めて綴じる製本方法です。

印刷方法を選ぶ

ご希望の印刷方法をお選びください。

無線綴じ冊子印刷
無線綴じ冊子印刷
(オフセット)
無線綴じ冊子印刷
無線綴じ冊子印刷
(オンデマンド)

比較

無線綴じ冊子印刷

オフセット

オンデマンド

対応部数

100〜10,000部

1〜160部

変型サイズ

電子ブック

×

表紙変更

無線綴じ冊子の仕様

無線綴じ冊子は、糸や針金を使わず、紙の束を糊で固めて綴じる製本方法の冊子です。

綴じ部分

無線綴じ冊子印刷
綴じ部分拡大(閉じた状態)
無線綴じ冊子印刷
綴じ部分拡大(開いた状態)

綴じ方向

綴じ方向は右綴じ、左綴じ、上綴じの3種類。注文STEP3『オプション選択』でご選択いただきます。

無線綴じ冊子印刷

ページ数

表紙の裏、裏表紙の裏も『1ページ』として数えます。
表紙だけでも『表1(表紙)』『表2(表紙の裏面)』『表3(裏表紙の裏面)』『表4(裏表紙)』と4ページ分になります。
本文が50ページの場合、本文(50ページ)+表紙(4ページ)=54ページとなります。

無線綴じ冊子印刷

各部名称

冊子の各部分にはそれぞれ名称が付いています。

無線綴じ冊子印刷

ノド側(綴じ側)は5mmほど隠れてしまいます

無線綴じ冊子の構造上、ノド(綴じ部分)から5mmの部分は隠れてしまいます。隠れてはいけない重要な文字やオブジェクトは、ノド側の仕上がり線から5〜10mm以上離して配置してください。

下図のピンクのエリアに文字が配置されているデータは不備となります。

本文

本文は通常5mm以上離して配置していただく必要がありますが、『本文開始ページ』と『本文終了ページ』の2ページは表紙と本文の接着面のため10mm以上離して配置することをおすすめいたします。

綴じ方向によって、ページの奇数偶数・左右が異なりますのでご注意ください。

本文 左綴じの場合
本文 右綴じの場合
表2・3

表2・3は、表紙と本文の接着面のため10mm以上離して配置することをおすすめいたします。
背幅についてはこちらをご覧ください。

表2・3

本文データは単ページで作成してください

無線綴じ冊子印刷

背幅

無線綴じ冊子の背幅は『紙の種類』『本文ページ数』によって異なります。
背幅は表紙を作成する上で必要となります。

【ページ数】=【本文ページ数】+【表紙4ページ】

かんたん背幅計算機

背幅のサイズを計算します。
本文に使用する紙種表紙に使用する紙種本文のページ数の3つを選択して下さい。上記の3つを選択後、『背幅の厚さを計算する』ボタンをクリックして下さい。

本文
表紙
本文ページ数

ご注文内容とご入稿データとで背幅が異なる場合は不備となります。

page top